グローバルに考え、ローカルに学ぶ

地理学・地域環境学教室

EN

JP

メンバー

教員紹介

     TSUCHIYA,Jun

     

  • 日本とアジアにおける流通システムの経済地理学的研究
  • 日本、インド、バングラデシュ、大都市圏、農山村地域
  •  土屋 純
土屋 純

私の専門は経済地理学、都市地理学、流通産業論、アジア都市論です。日本やアジア諸国における流通産業の実態、消費生活の動向について研究しています。日本では少子高齢化が進み、高齢者を中心とした買い物弱者が増えています。そうした買い物弱者を支援できる流通のあり方について、移動販売やコミュニティショップなどを事例として研究しています。経済成長が著しいアジアでは、特にインドのムンバイやデリーといったインドの大都市をフィールドとして、ショッピングモールの立地展開や郊外中間層の消費生活の一端を明らかにすることを目指しています。このように、日本国内外の流通システムを比較研究することによって、人々の生活や都市のあり方について、国や地域による違いが見えてくると考えています。

【主な担当科目】
知のパスポートb、地理情報システムa、地理学・地域環境学実習ab、卒業演習(学部) 人文地理学研究、地域調査研究、都市地理学特殊講義(大学院)
【業績紹介】
  • 『小商圏時代の流通システム』
    (共著2013年、古今書院)
  • 「デリー首都圏(NCR)におけるショッピングモールの発展と外資系小売業の参入」
    (『現代インド研究−空間と社会』、3号、2013年)
  • → 詳細は「学術情報へ」
【Mail】
tsuchiya@kansai-u.ac.jp
【内線】
5092
  • 木庭 元晴
  • 物理化学的分析と地理情報システム手法から得る第四紀環境変動
  • 日本を主とする
  • 木庭 元晴
木庭 元晴

 専門分野は地形学です。自然地理学のうちで最も多くの研究者が係わっています。
 生きているサンゴ礁や隆起もしくは離水した化石サンゴ礁に係わって,主に地形形成プロセスの研究をしてきました。その地域は,琉球列島,ハワイ諸島,マーシャル諸島などです。主要な研究手法は年代測定法で,新しい時代については放射性炭素年代測定法,古い時代については電子スピン共鳴法です。環境保全の関連では主にインドネシアのバリ島で環境影響評価の成果を出しました。
 地表に表れている山岳や平野の地形の形成プロセスにこの10年ほどは興味を持って独自の考えで研究を進めています。この1年余りについては,地形や堆積物を対象に種々の物理化学的分析手法(放射性炭素年代測定や安定同位体比計測など)や地理情報システムを使って分析し,過去100万年ほどの地球内部の活動と大気環境の変動や生物活動を解き明かすことを目指しています。

【主な担当科目】
環境と社会、地震と火山のメカニズムと防災、学部の専門科目として、自然地理学概説、地理学・地域環境学研究法、大学院では、第四紀学特殊研究、自然地理学研究(演習)、自然地理学特殊研究(演習)
【業績紹介】
  • 『 地球環境問題の自然的基礎と社会活動 』
    ( 木庭元晴編著,2009年,古今書院 )
  • Koba, M., 2000. Improved results using higher ratios of scintillator solution to benzene in liquid scintillation spectrometry. Radiocarbon, Vol. 42, No. 2, pp. 295-303.」
  • → 詳細は「学術情報へ」
【Mail】
moto@kansai-u.ac.jp
【内線】
5046
松井幸一先生写真

     MATSUI,Koichi

     

  • 東アジアにおける村落空間の比較研究
  • 日本を主とする東アジア
  •  松井 幸一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の専門は歴史地理学、村落地理学です。現在は村落がいかに形成され拡大してきたのかを東アジアを対象として研究しています。
東アジア一帯は大きく見れば似通った風土が広がっており,古くから相互交流も盛んであったために共通の文化が存在します。またかつては中国を中心とした朝貢システムで繋がっていたために中国由来の文化も幅広く広がっています。しかし各地の文化・民俗を見ると単に他国から文化を受容するだけでなく土着の文化と混ざり合い,新しい文化を創り出していることも多々あります。私の研究では村落の形成を伝統的な土地の復原からだけでなく、このような文化・民俗の面から比較・考察したり地理情報システム(GIS)を利用した分析をおこなったりしています。

【主な担当科目】
知のナヴィゲーター、地理学・地域環境学調査研究法、地理学・地域環境学実習、村落地理学、卒業演習、学びの扉(学部) 歴史地理学研究(大学院)

 

【Mail】
k.matsui@kansai-u.ac.jp

【内線】
5100

  • 野間 春雄
  • 湿潤アジアの稲作社会の比較研究
  • 稲作、水辺空間、地理教育、地理思想、日本、東アジア、東南アジア、技術史
  • 野間 晴雄
野間 晴雄

専門は農業・農村地理学、文化地理学、歴史地理学、アジア地誌です。日本を含むモンスーンアジア農村社会の比較研究を東南アジア(ベトナム、タイ、ラオスなど)、南アジア(インド、バングラデシュ、ネパール、スリランカ)で行っています。農業、土地、技術、行動、食文化を対象にした農村のフィールドワークと歴史地理学的な方法の融合をめざしています。とくにデルタといわれる水域と陸域の接点にあたる低湿地がいちばんの専門です。ベトナム紅河デルタ、チャオプラヤデルタ、ベンガルデルタなどには何度も足を運び、多くの現地の研究者や友人がいます。都市誌、人間―環境システム、民俗学・人類学との境界領域、歴史GIS、地理教育・地理思想、鉄道にも関心があります。日本では近畿地方をはじめ、九州、瀬戸内海、沖縄、中部地方、東京、東北、北海道などいろんな調査をしてきました。現在は、東アジア海域世界相互の文化交渉と歴史生態を中国、韓国、ベトナムと日本のさまざまな分野の研究者と共同研究しており、中国にも何度か調査にでかけています。

【主な担当科目】
知へのパスポート、人文地理学概説、地理学・地域環境学実習、卒業演習(学部)文化地理学特殊講義、地誌学・地理教育研究演習、地誌学・地理教育特殊研究演習(大学院)
【業績紹介】
  • 『 ジオパルNEO―地理学・地域調査便利帖 』
    ( 共編著 2012年、海青社、ナカニシヤ出版 )
  • 『 土地に刻まれた歴史のディスクール―藤岡地理学の遺産をどう活かすか― 』
    ( 月刊地球Vol.35 No.3, 2013.3,4-15頁 )
  • → 詳細は「学術情報へ」
【Mail】
noma@kansai-u.ac.jp
【内線】
5093