グローバルに考え、ローカルに学ぶ

地理学・地域環境学教室

EN

JP

学部

カリキュラム

専修では地理学コースとして地域環境学コースに分かれますが,いずれもフィールドワークや実習を重視した多様なカリキュラムが用意されています。地域環境学コースでは測量士補資格が取得できるため,必修科目が多くなっていますが、この点以外には地理コースとの違いはなく、いずれも多様な科目を履修することができます。授業科目は、講義科目と演習・実習科目に大別でき、前者は専門知識や既存の研究成果を学ぶ科目、後者は研究方法の習得と各人の研究テーマの深化をめざす科目といえます。

専修の講義科目としては,概説系(専門基礎)科目である人文地理学概説,自然地理学概説,地誌学,地域学などが1~2年次から履修できます。3年次からは特論系(専門)科目にあたる観光地理研究,ツーリズム論,環境地理研究,地域生態論,歴史地理研究,地域文化論,村落地理研究,都市地理研究、オープンリソース論,地域マネージメント論,経済地理研究などの講義科目を選択して受講することとなります。

専修に関連する演習・実習科目としては,1年次では学びの扉,知へのパスポートがあり、専修に分属する2回生では基礎演習と調査研究法で,地理学・地域環境学研究のための基本的な方法やコンピュータでの主題図作成などの技術を学びます。3年次では,実習の授業があり、4~5泊の地域調査(後述の実習調査地一覧参照)を,その準備から報告書作成まで,教員や大学院生の助言をうけながら,1年間を通じて3回生および大学院前期課程1回生と共同で行います。また、演習(ゼミ)では,各人が関心のあるテーマについて発表・論議し、最終的には卒業論文の課題を設定し、その準備に取りかかります。( 表1 )通常は通年2つのゼミを開講します。そして4回生では,4名の専任教員全員が皆さんの研究テーマの希望を加味して,卒業論文指導にあたります。アットホームな雰囲気のなか,1教員あたり数名という密度の濃いゼミが自慢です。そのため3回生の演習(ゼミ)とは連続しません。

( 表1 )

1年次2年次3年次4年次
共通専門
教育科目
  • 学びの扉
  • 知へのパスポート
  • 知へのナビゲーター
必須科目
  • 地理学・地域環境学基礎演習a/b
  • 地理学・地域環境学調査研究法a/b
  • 地理学・地域環境学実習a/b
  • 地理学・地域環境学演習a/b
  • 卒業演習a/b
  • 卒業論文a/b
選択科目
  • 人文地理学概説a/b
  • 自然地理学概説a/b
  • 地誌学a/b
  • 地理情報システムa/b
  • 測量学Ⅰ、測量学Ⅱ
  • 基礎測量学実習
  • 応用測量学実習
  • 地域学a/b
  • 文化人類学a/b
  • 環境地理学
  • 地域生態論
  • 地理学地域環境学文献購読
  • 観光地理学
  • ツーリズム論
  • 歴史地理学
  • 地域文化論
  • 村落地理学
  • オープンソース論
  • 都市地理学
  • 地域マネージメント研究
  • 経済地理学
  • 地域環境システム論